これが気になる!

話題のニュースから「これが気になる!」と思ったものを書きます。

内定辞退の正しい伝え方とは?!電話やメールでは不十分なのか?

f:id:nonoko170611:20190516153214j:plain

日本経済新聞が"内定辞退の正しい伝え方、「直接会って、まず感謝」を"というコラムを掲載しました。

これに対して、ツイッターでは「電話やメールで十分」と話す人が多数。

就活生はどのような対応を取ればいいのか困惑しています。

一体、内定辞退の正しい伝え方とは何でしょうか?

内定辞退の正しい伝え方とは?!

日経コラムの一部がこちら。

コラムには「内定をくれたことへの感謝を、いの一番に伝えること」「人事担当者からは多少の嫌味を言われることは覚悟しよう」嫌味を言われても「素直な気持ちで頭を下げれば、ほとんどの場合、了承が得られる」と書かれています。

このコラムに書かれているような人事担当者がいた場合、会社にとってどんなメリットがあるのでしょうか。

「お客様になる可能性のある潜在的顧客」を失うことになります。

また、就活生の掲示板やSNSに書かれることで悪い口コミが広がるでしょう。

内定辞退は直接会う必要があるのか?電話やメールでは不十分? 

日経のコラムには直接会って内定辞退を伝えると書かれています。

これに対して、ツイッターでは「電話やメールで十分」という意見が多数。

本来、雇用者と被雇用者は対等な立場にあります。

数年前にはサイレントお祈りの呼ばれる、企業が不採用通知を送らない対応もありました。

多数の人が「内定辞退はメールや電話で十分」と話す中、直接会って内定辞退をしてほしい企業もあるようです。

その企業は以前にこちらのツイートのようなトラブルがあったとのこと。

ですが、ほとんどの会社での内定辞退は「メールや電話で十分」です。

内定辞退届の書き方はこちらのツイートをご参照ください。