これが気になる!

話題のニュースから「これが気になる!」と思ったものを書きます。

ノートルダム大聖堂の火災原因はあの工具?!ステンドグラスは無事なのか?

f:id:nonoko170611:20190416184826j:plain

現地時間4月15日午後6時50分頃、ノートルダム大聖堂で大規模な火災が発生しました。

中央部分の尖塔や屋根の崩落が確認されていて、絵画やステンドグラスに大きな被害が出ていると報道されています。

修復作業中の出火によるものではと言われていますが、あの工具が原因だと騒がれています。

ステンドグラスの状況についても見ていきます。

ノートルダム大聖堂の火災原因はあの工具?!

ノートルダム大聖堂の火災について、足場を組んで進められていた修復作業が火災の原因になった可能性があると言われています。

そんな中、ある工具から出火したのではとツイッターで話題になっています。

それが「はんだごて」です。

半田ごては、はんだ付けをする際に用いる工具です。

一度は学校の授業で使用した方も多いのではないでしょうか。

修復作業員による半田ごての放置が原因ではないかともいわれています。

ノートルダム大聖堂のステンドグラスは無事なのか?バラ窓は?

ノートルダム大聖堂といえば、ステンドグラスを思い出すことでしょう。

今回の火災によるステンドグラスの被害が心配されています。

バラ窓のうち、無事なものと高熱により爆砕してしまったものがあるようです。

パイプオルガンは損傷はあるものの、原型は留めているそう。

ノートルダム大聖堂の大火災でフランスを始め、多くの国々で悲しみの声が聞かれます。

マクロン仏大統領はノートルダム大聖堂の再建を宣言しました。

ユネスコのアズレ事務局長はツイッターにて修復のために支援すると発信しています。

一刻も早い再建・修復を願っています。